So-net無料ブログ作成
検索選択

紅の豚の舞台になったビーチが美しすぎる!舞台のビーチはココ! [映画]

紅の豚の舞台になったビーチが美しすぎるので
ご紹介したいと思います。


スタジオジブリの大人気映画「紅の豚」は、
1992年に公開されました。

紅の豚はイタリアのアドリア海を舞台に、
賞金稼ぎの主人公のポルコロッソの人生を
描いたストーリーです。

紅の豚の人気は、
面白いストーリー展開だけではなく、
豪華な声優陣や、
舞台となったアドリア海のビーチの
美しさもこの映画の人気のひとつと言えます。

紅の豚の劇中に、
美しいアドリア海やビーチの上を
ポルコロッソが飛行艇で飛ぶ姿は魅力的で、
何度も見たくなる映画ですよね。


そこで、たくさんの魅力的なシーンの舞台となった
ビーチをご紹介していきます。



スポンサードリンク






紅の豚の舞台になったビーチがある島




紅の豚の舞台になったビーチがある島は、
ギリシャのザギントス島にあります。

ザギントス島はギリシャのイオニア諸島に
属した島で、
紅の豚の舞台になったビーチは世界的に有名な
観光地となっています。

Navagio-Beach-Zakynthos-Ionian-Islands-Greece.jpg
出典:http://travelbloggerbuzz.com/

このビーチが紅の豚のポルコロッソの隠れ家と
なっていた舞台のナヴァイオビーチです。

映画の中では、ビーチの周りが白い岩壁で
囲まれていて、空賊のマンマユート団が
昇り降りしていましたが、
実際はそのまま海に続いている様子。

ポルコロッソの隠れ家として
テントなどがあったビーチには、
難破船のパナギオティス号があります。

パナギオティス号はトルコから煙草を
密輸していた密輸船で、
ギリシャの海軍に追われ、
このビーチにたどり着いたとされています。

紅の豚の劇中には描かれていませんが、
今となっては観光客が写真を撮ったり、
ビーチのいいアクセントのなっているようです。


でも、鮮やかな青い海と白い岩壁、
白いビーチや雰囲気は、
紅の豚の映画の世界そのままな感じですね。


スポンサードリンク






紅の豚の舞台になった街は?




紅の豚のポルコロッソの隠れ家は
ギリシャのザキントス島にある、
ナヴァイオビーチが舞台でした。

では、紅の豚の舞台になった街の方は?というと、
クロアチアのドゥブロヴニクと言われています。


0197.jpg
出典:https://wondertrip.jp/europe/1696.html


ドゥブロヴニクは紅の豚の舞台だけではなく、
魔女の宅急便の舞台のひとつにもなっています。



アドリアンブルーと言われるアドリア海の青い海と
あたたかいオレンジの屋根。

日本では見ることのできない街の色で、
かわいらしい街です。


舞台となった街は、あまりの美しさに
「アドリア海の真珠」と称されることも。


映画紅の豚の舞台となったビーチや街の美しさ
はいかがでしたでしょうか。

実際にある世界のビーチや街だけれど、
絵画のような、現実ではないような
美しさがありますよね。

生きているうちに一度は行ってみたいものです。

以上、紅の豚の舞台になったビーチと街の
紹介でした。


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画