So-net無料ブログ作成
検索選択

光吉彩夏容疑者逮捕!顔画像!娘にインスリン投与!打つとどうなる?代理ミュンヒハウゼン症候群? [ニュース]

大阪の光吉彩夏容疑者が自分の娘に
インスリンを投与した疑いで逮捕されました。

光吉彩夏容疑者の顔画像は?

大阪の光吉彩夏容疑者は准看護師として
働いており准看護師の知識を活かしての
犯行と見られています。

なぜ、光吉彩夏容疑者は自分の娘に
インスリンを投与したのか?

インスリンを投与するとどうなるのか?

ここでは、逮捕された大阪の光吉彩夏容疑者
顔画像についてインスリンについて調べてみます。


スポンサードリンク





光吉彩夏容疑者の顔画像!事件概要!


大阪府高槻市の准看護師光吉彩夏容疑者
が逮捕された事件。

光吉彩夏容疑者は自分の娘にインスリンを
投与した疑いで逮捕されています。
534121_1704801623098425_7884269666335717720_n.jpg
出典:facebook


事件は、昨年の7月11日、娘を連れて
光吉彩夏容疑者は高槻市の病院に来院。

娘は血糖値が低く、危険な状態で
すぐに入院し、一旦回復します。

その後、18日の午後9時半再び低血糖になり、
点滴を受けて回復、しかし、19日の午前4時
前に低血糖によるけいれんを起こし、
意識障害も起こしています。

警察は外部からの第3者の侵入の形跡が
ないことなどから、ずっと付いていた
光吉彩夏容疑者の犯行の疑いが
強まったそうです。


スポンサードリンク





光吉彩夏容疑者逮捕!インスリン投与の症状は?


自分の娘にインスリンを投与した疑いで
逮捕された大阪の光吉彩夏容疑者。

インスリン注射は糖尿病の方が
しているもので、病気を持っていない
人がインスリン注射をしてしまうと
どうなるのか?

光吉彩夏容疑者の娘がなったように
低血糖に陥りやすいそうです。

低血糖の症状は、発汗、不安、動悸、頻脈、
生あくび、目のかすみなどがあり、
ひどくなるとけいれんや昏睡状態に
なるそうです。

光吉彩夏容疑者は准看護師ということで
その辺の知識があったと思われます。

しかし、なぜ自分の娘にインスリンを
投与したのか?

子育てがイヤになったのか?

一部では代理ミュンヒハウゼン症候群
ではないか?とも言われています。


代理ミュンヒハウゼン症候群とは、
傷害行為で自分に周囲の関心を引き寄せる
ことで、自らの精神的満足を他者から
得ようとしているもの。

特に自分の子供が傷害の対象である症例では、
患者は傷害を目的ではないために、
傷害行為が反復・継続し、重篤な傷害を
負わされる危険があるらしいです。


光吉彩夏容疑者が実際に代理ミュンヒハウゼン
症候群なのか、これから分かってくると
思われます。

光吉彩夏容疑者の娘は今は無事に保護され
過ごしているとのことです。


以上、大阪高槻市の光吉彩夏容疑者が
逮捕された事件について、インスリン投与に
ついてでした。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。